リサイクルでも新品に負けない品質│okiの中古品の力量恐るべし

プリンター

価格の安さや品質も魅力

業務のコスト削減に有用

プリンター

人気高いokiのプリンタや複合機は大きな部署ともなると、印刷枚数は月に数千枚も当たり前となります。また個人ユースであっても仕事によっては毎月数百枚の印刷も珍しくなく、印刷コストが問題となるケースが少なくありません。 そこで業務コストの削減において有用な工夫として、多くの企業や人が導入しつつあるのが、oki互換トナーの導入です。okiが生産する純正トナーとカートリッジの形状から使用されているインクまで非常に酷似しており、純正品同様の使い勝手があります。 それでいて価格は純正品よりも50%から70%以上安価で入手することができるのが、oki互換トナーの特徴です。純正品でないため、トラブル時の対応などに気をつける必要がありますが、工夫して用いることで毎月の印刷コストの大幅削減を実現してくれます。

純正品よりも安いトナー

どのプリンタメーカーも自社でインクカートリッジを販売しており、その売上が大きな収益の柱となっています。一方でこれら純正のトナーは価格が総じて高く、ユーザーの負担となっているのも事実です。 プリンタメーカー大手のoki製品に関しても同様ですが、一方で純正品よりも大幅に安いトナーも販売されているため、活用次第で大幅に印刷に掛かる費用を下げる事も可能です。それを可能とするのが互換トナーと呼ばれるタイプのトナーです。 oki互換トナーは、製造販売はokiではありませんが、同社の製品と互換性を維持できるようにして製造されているトナーです。それでいて価格は大幅に純正よりも安いため、ランニングコストも優秀となっています。