リサイクルでも新品に負けない品質│okiの中古品の力量恐るべし

プリンター

使用するメリット

プリンター

純正インクは基本的にプリンターのメーカーが製造して販売しています。互換インクは純正品と互換性を持っているインクの事です。コストパフォーマンスが高いですから、多くの方が選んでいます。家電量販店でも取り扱っている所があるぐらいです。プリンターによってはトラブルの原因になるとも言われます。しかし、互換インクの質も上がっており大きなダメージも無くなりました。純正品を購入をすると、インクを買っていればすぐにプリンタも購入出来る程の費用が発生します。純正インクだとしても、長く使用しなければノズル詰まりが発生するのも忘れてはなりません。質も高くなっている傾向もありますので、トラブルに対して過剰に心配する事は無いです。

互換インクは純正インクと違い、値段が安価です。印刷しても純正品と質はあまり変わりません。色合いの違いや耐光性、保存性に関しては純正インクの方が勝ります。しかし明確に違い過ぎる訳ではありません。金額と照らし合わせてみても、我慢出来るレベルと言えます。値段に関して、純正インクと比較すると1000円程の差があります。安価だからこそカラー印刷が気軽に出来ます。ヘッドクリーニングを行う場合、インクは大量に消費されます。しかし互換インクならば少々無駄遣いをしても気にならないレベルです。外国では互換インク、あるいは詰替えインク等、純正以外のインクが一般的に販売されています。だからといって大きなトラブルになっている事はありません。